In order to bring you the best possible user experience, this site uses Javascript. If you are seeing this message, it is likely that the Javascript option in your browser is disabled. For optimal viewing of this site, please ensure that Javascript is enabled for your browser.
RAD Japan
ホーム RADについて プレスリリース
プレスリリース
9月 18, 2013

RAD、拡張その先進的Service Assured Access ソリューション の一つとして分散型NFVの発売を開始

欧州と米国の主要なキャリアイーサネット&SDNイベントで宅内装置上で実現する仮想化のメリットを発表


RAD社は、今日ニューヨークのEthernet & SDN Expo 2013、プラハのEthernet World 2013、アムステルダムのBroadband World Forumで、その先進的Service Assured Accessソリューションの一つとして分散型NFVを紹介すると発表しました。

RAD社は、その専用レイヤ2/3デマケーション機能に基づくService Assured Accessとともに宅内装置上での仮想機能がどのようにサービスの展開とネットワーク機能の更新を加速し、結果として収入の機会を増やし、総所有コストを低く抑えることになるかというビジョンを業界のリーダー企業と共有します。

「分散型NFVの機能は、イーサネットとIPネットワークにおけるService Assured Accessの可能性を広げ、進化における次のステップになります」とRAD社のDr. Yuri Gittik(ユーリ・ギティック)戦略的マーケティング部長は述べています。「機能を顧客サイトからネットワークに移動させる単なる求心力であるというNFVアーキテクチャの考え方は全体像を示すものではありません」と同氏は続けています。「理想的には、仮想機能は、最も効果的で、かつ最もコストがかからない場所に配置すべきです。つまり、NFV、顧客サイトに戻すという選択肢もあるということを意味しています」と同氏は説明しています。「このような2つの仮想化トレンドは補完し合うものであり、夜間に通過する2隻の船に相当するネットワークの構築ではありません。」

ギティックは、ニューヨークのジャヴィッツ・センターで開催されるEthernet & SDN Expoで10月2日(水)午後4:45から講演を行います。同氏は、「Realistic Near-Term and Longer-Term Dynamic Services and Applications Enabled by Carrier SDN and NFV(キャリアSDNとNFVにより有効になる現実的な短期的かつ長期的なダイナミックサービスとアプリケーション)」という題名のパネルディスカッションで分散型NFVについて話をする予定です。

アムステルダムのRAIセンターで開催されるBroadband World Forumでは、ギッティックは、「Re-Architecting and Eliminating Complexity in the Network(ネットワークにおける再設計と複雑さの排除)」という題名のパネルセッションに出場します。インタラクティブディスカッションは、10月23日(水)に行われ、Virtualization and the Cloud: Service Agility and Network Virtualization(仮想化とクラウド:サービスアジリティとネットワーク仮想化)セッションの一つとなります。

今年は、SDNやNFVと同一場所で開催されるEthernet Worldでは、RAD社のイラン・テペット(Ilan Tevet)サービス・プロバイダ事業部長が「新旧サービスに取り組む」ことについて話し、運用上、かつ財務上健全な次世代ネットワークへの移行の最善の実施例および新しいサービスのシームレスな導入について説明をする予定です。

テペットは、プラハのクラリオンコングレスホテルで開催されるEthernet Worldで10月1日(火)午後2:40から講演を行います。

RAD社について

RADデータ・コミュニケーションズ社は、リテール、ホールセールおよびモバイル・サービス・プロバイダに対し、運用上の複雑さを軽減し、サービスの収益性を向上させるソリューションを提供し、サービス・プロバイダや電力会社、運輸会社に対し移行ソリュ-ションを提供し、パケットベースのネットワークへのスムーズで、安全な、コスト効率の良い移行を促進します。RADの多面的な技術は、
OAM(運用・管理・保守)やパフォーマンス・マネジメント、サービス保証、トラフィック・マネジメント、フォルト・マネジメント、同期およびTimning over Packet、TDMスードワイヤ、ASICおよびFPGA開発、ハードウェア小型化、SFPフォームファクターソリューションに及んでいます。当社の設置実績は1,200万台を超え、Bharti Airtel、ブリティッシュ・テレコム、CenturyLink、China Mobile、China Telecom、ドイツ・テレコム、Embratel、フランス・テレコム/Orange、KDDI、KPN、ソフトバンク、Sprint、Telefónica、A1テレコム・オーストリア、TeliaSonera、Telstra,、Telus、T-Mobile、Verizon International、Vodafoneなど、世界各国の150社以上のサービス・プロバイダが含まれます。RAD社はIETF、ブロードバンド・フォーラム、ITU、MEFなどの産業標準化機関に積極的にかかわっています。

RAD社は売上高が12億ドルのRADグループの傘下企業であり、ネットワーキング製品やインターネットワーキング製品ソリューションの分野で世界的なリーダー企業です。

   
 

Bob Eliaz,
Media Relations Manager
(メディア広報窓口担当マネージャー)
24 Raoul Wallenberg Street
Tel Aviv 69719, Israel
Tel: +972-3-6458134
Fax: +972-3-6498250
e-mail: bob@rad.com

 
Dr. Yuri Gittik
ユーリ・ギティック