In order to bring you the best possible user experience, this site uses Javascript. If you are seeing this message, it is likely that the Javascript option in your browser is disabled. For optimal viewing of this site, please ensure that Javascript is enabled for your browser.
RAD Japan
ホーム RADについて プレスリリース
プレスリリース
10月 02, 2013

RAD社、Cyan Blue Orbit SDNエコシステムに参加

成長を遂げているマルチベンダ・コミュニティ、SDN/NFVの実稼働 を可能にするため、相互運用性のテストを推進


イスラエル、テルアビブとカリフォルニア州ペタルマ、2013年10月2日 – サービス・プロバイダ向けのソリューションで業界のリーダー企業のRAD社とネットワーク・オペレータ向けのSDN(software-defined networking)やパケット・オプティカル・ソリューションの主要なプロバイダであるCyan社(NYSE: CYNI)は、今日、RAD社がリアルワールド・マルチベンダSDNとNFV(network functions virtualization:ネットワーク機能の仮想化)アプリケーションの提供にフォーカスしたCyan Blue Orbit (シアンブルーオービット)エコシステムに参加したと発表しました。

「SDN/NFVが期待できるアプリケーションとして業界で話題になっていますが、最終的な具体化の段階になると、キャリアは当社のソリューションを正常に導入できるかどうか確かめるためにカタログデータではなく、実証的なリファレンスを求めます」とRAD社のYuri Gittik戦略マーケティング部長は述べました。「Blue Orbitエコシステムにより、確実にスムーズなインフラを展開するため、当社の分散NFVを含む革新的なソリューションと他のマルチベンダSDNソリューションとの相互運用性をテストし、実証できます。」

エンド・ツー・エンド・イーサネット・プロビジョニングと「ワン・クリックOAM」およびRAD ETX-2に対するアラームとトポロジー・サポートをCyanが最終確認後、RADはBlue Orbitに参加となります。この統合によって、ネットワーク・オペレータは、CyanのBlue Planet SDN Platformを介してRADプラットフォームの可視化と管理を得られます。

「RADがBlue Orbitのメンバーに入ることは、協力して相互運用性テストと実際の導入を推進したいというサプライヤー・コミュニティの要望を実証しています」とCyanのJoe Cumello主席マーケティング担当役員は述べています。「Blue Orbitエコシステムは成長し続けているため、世界中のキャリア、データセンター・オペレータ、大企業などのネットワーク・オペレータに利益をもたらします。」

Blue Orbitは、実装をしていない際にネットワーク・オペレータが直面すると予想されるリスクを減らし、SDNとNFVの使用事例の提供を促進するため、多くのパートナーのソリューション間の相互運用性を実証することを目的に2013年6月に結成されました。Blue Orbitパートナーは、適用できるソリューションエレメントをCyanのカリフォルニアを本拠地とするBlue Orbit Labに提供します。この施設から、Cyan、Blue Orbitパートナー、顧客は、SDNとNFVソリューションをテストし実証することができます。

RADの顧客には、Bharti Airtel、ブリティッシュ・テレコム、CenturyLink、China Mobile、China Telecom、ドイツ・テレコム/T-Mobile、Embratel、フランス・テレコム/オランジュ、Hutchison、KDDI、KPN、SingTel、ソフトバンク、Telefónica、テレコム・オーストリア、TeliaSonera、Telstra、Telus、Verizon、Vodafone、などのオペレータやサービス・プロバイダが含まれます。

Cyan Inc.について

Cyanはネットワーク変革を可能にします。同社のSDNソリューションは、これまで静的でハードウェア主導であったオーケストレーション、可視化、スケールをネットワークに提供します。世界中のキャリア、企業、政府、データセンターに対応するCyanのオープンプラットフォームは、ネットワーク事業者にマルチベンダの制御と可視性を提供し、サービスの提供をより効率的に、収益性を高くします。Cyanソリューションには、Blue PlanetソフトウェアとZシリーズパケット・オプティカル・トランスポート・プラットフォームが含まれています。詳細については、www.cyaninc.comをご覧いただくか、twitter.com/CyanNewsのツイッターでCyanをフォローしてください。

RAD社について

RADデータ・コミュニケーションズ社は、リテール、ホールセールおよびモバイル・サービス・プロバイダに対し、運用上の複雑さを軽減し、サービスの収益性を向上させるソリューションを提供し、サービス・プロバイダや電力会社、運輸会社に対し移行ソリュ-ションを提供し、パケットベースのネットワークへのスムーズで、安全な、コスト効率の良い移行を促進します。RADの多面的な技術は、
OAM(運用・管理・保守)やパフォーマンス・マネジメント、サービス保証、トラフィック・マネジメント、フォルト・マネジメント、同期およびTimning over Packet、TDMスードワイヤ、ASICおよびFPGA開発、ハードウェア小型化、SFPフォームファクターソリューションに及んでいます。当社の設置実績は1,200万台を超え、Bharti Airtel、ブリティッシュ・テレコム、CenturyLink、China Mobile、China Telecom、ドイツ・テレコム、Embratel、フランス・テレコム/Orange、KDDI、KPN、ソフトバンク、Sprint、Telefónica、A1テレコム・オーストリア、TeliaSonera、Telstra,、Telus、T-Mobile、Verizon International、Vodafoneなど、世界各国の150社以上のサービス・プロバイダが含まれます。RAD社はIETF、ブロードバンド・フォーラム、ITU、MEFなどの産業標準化機関に積極的にかかわっています。

RAD社は売上高が12億ドルのRADグループの傘下企業であり、ネットワーキング製品やインターネットワーキング製品ソリューションの分野で世界的なリーダー企業です。

   
 

Bob Eliaz,
Media Relations Manager
(メディア広報窓口担当マネージャー)
24 Raoul Wallenberg Street
Tel Aviv 69719, Israel
Tel: +972-3-6458134
Fax: +972-3-6498250
e-mail: bob@rad.com