In order to bring you the best possible user experience, this site uses Javascript. If you are seeing this message, it is likely that the Javascript option in your browser is disabled. For optimal viewing of this site, please ensure that Javascript is enabled for your browser.
RAD Japan
ホーム インフォ・センター ホワイト・ペーパー
ホワイト・ペーパー

LTEバックホール

オペレーター要求への対応: トランスポート・プロバイダーは、SLAを保証しながらLTEのビジネス・チャンスをどのように実現できるのでしょうか


3GPP(第3世代移動通信規格プロジェクト)のLTE(Long Term Evolution) は、グローバルな4G標準として広く認められていますが、 トランスポート・プロバイダーは、LTEビジネス及び技術的な実現の可能性 において大きな課題に直面しています。自からネットワークを構築している オペレーターにもこれらの課題は共通します。

例えば、パケット・ネットワークにおける正確なタイミングや同期の保証、 LTEのフラットなアーキテクチャの中でのスマートなトラフィック管理、 4Gのクリティカルなアプリケーションに耐久性を提供、これまでのサービ スと互換性を保つことにより既存の2Gや3Gのトラフィックへのサービス継 続性を提供すること等は、対処の必要性がある重大な課題のいくつかの例 です。 さらにバックホール・プロバイダーは、複数のオペレーターで コロケーションやカスタマイズされたバックホールのSLAに関する付加的な 問題に対処する必要があります。

ここではバックホール・プロバイダーの為にLTEの「インテリジェンス・ クランチ」の意味を再検討し、移行という難題を上手に克服するために キャリア・イーサネットをどのように活用できるかについて考察します。

本ホワイト・ペーパーの全文は、PDFファイルをダウンロードして下さい。