In order to bring you the best possible user experience, this site uses Javascript. If you are seeing this message, it is likely that the Javascript option in your browser is disabled. For optimal viewing of this site, please ensure that Javascript is enabled for your browser.
RAD Japan
ホーム インフォ・センター ホワイト・ペーパー
ホワイト・ペーパー

モバイル・バックホール

トランスポート・プロバイダとモバイル・プロバイダにおける課題と機会


本ホワイト・ペーパーではモバイル・バックホール市場の概要を示し、バックホール回線を用いるトランスポート・プロバイダやモバイル・オペレ―タが直面する特有の課題を示し、また従来および次世代のインフラストラクチャを用いる複数ジェネレーションのモバイル技術で商用的に実現可能なトランスポートの各種戦略について記述します。

モバイル・バックホールの傾向についてモバイル通信の業界は、著しい速度で成長を続けています。業界筋の報告では、次のような数字が示されています:

  • 携帯電話ユーザ数は2006年現在が25億人で、2010年までに36億人に増加
  • バックホール接続の基地局は2006年現在で230万局で、2009年までに330万局に増加
  • 基地局タワーの2/3は既に、複数のオペレ―タで共有
  • セル・サイト当りで予測されるバックホールの要件は、2006年現在で2~16 T1/E1で、2008年には2~8 T1/E1および10~30Mbpsのイーサネット
  • 新しいデータ及びビデオ・サービスによって、さらに大きい帯域を求める需要が増加し、米国だけでも、モバイル・オペレ―タの伝送コストは2006年の20億ドルから、2009年には160億ドルに急増すると予想
  • GSMで2G、CDMAで2G、UMTSで3G、EVDOで3G、HSDPA、WiMAX…など、更に高度な技術のサポートが必須

これらの統計データをよく見ると、いくつかの重要な兆しが明らかになります。2006年から2010年までに予想される携帯電話のユーザ数の増加は30%程度ですが、ビデオおよびマルチメディア・アプリケーションに必要な帯域幅の急激な増加と、複数のテクノロジーをサポートする必要性から、バックホールの費用は急伸すると予想されます。更に、新しいデータ・サービスが提供されても、価格の制限が維持される固定回線との競争から、ユーザ一人当りの平均売上げ(ARPU)はほとんど変化しないでしょう。モバイル・オペレ―タが採算性の目標に達した場合でも、帯域内の伝送速度に対するコストを下げて、ネットワークの効率を改善しなければなりません。総運営費の約25~30%と予想される高コストのモバイルの補償および動作ネットワークに対する主要な貢献者がバックホールであるため、モバイルのキャリアがそのネットワークを最適化したり、代替キャリアから更に低コストでスケーラブルなセル・サイトのバックホール・ソリューションを得ることが非常に重要な意味を持ちます。顧客を満足させるには、音楽のダウンロードやモバイル・ビデオ/ゲームなどの新しいワイヤレス・アプリケーションやマルチメディア・サービスが展開された時に、最適化されたスケーラブルなバックホール・ソリューションが用意されていなければなりません。

本ホワイト・ペーパーでは、広範囲のモバイル技術をサポートする的確なインターフェイスを持ち、安価で、スケーラブルで、信頼性のある帯域を提供するために、トランスポート・プロバイダが直面するビジネスおよび技術上の課題を分析し、更にはこれら第三者のトランスポート・ネットワークがこれらのSLAをサポートできるようにするためにモバイル・オペレ―タが直面する課題についても分析しています。またモバイル・オペレ―タが、ネットワークの効率を向上させ、利用可能なアクセス・ネットワークを最適にしながら、コストを低減できる方法についても考察しています。

本ホワイト・ペーパーの全文(英語)は、PDFファイルをダウンロードして下さい。