In order to bring you the best possible user experience, this site uses Javascript. If you are seeing this message, it is likely that the Javascript option in your browser is disabled. For optimal viewing of this site, please ensure that Javascript is enabled for your browser.
RAD Japan
ホーム インフォ・センター ホワイト・ペーパー
ホワイト・ペーパー

TDMoIP vs. VoIP - 必要条件と技術との比較


概略

何故IPへ意向? - レガシーな音声、ビデオ、データをIP/Ethernet/MPLSネットワークに接続する事は、音声とデータを同時にネットワークで走らせる為の、魅力的な選択肢となります。それにより、通話や専用線サービス費用を抑える事ができます。またマネジメントを統合する事により、メンテナンス費用が削減でき、その他のユーザ生産性を向上できます。これは、2種類のトラフィックタイプを一つのインフラに統合する事と、Ethernetスイッチの単純且つ効果的なIPルーティングの利点を使用することで可能になります。

障害 - Voice over IP(以下VoIP)が初めて紹介されたのは90年代半ばでした。多くのアナリスト、サービスプロバイダ、ベンダー各社は、キャリアや企業構内電話サービスで将来、選択する技術になると期待していました。しかし、複数の仕様や技術の不完全さ、近年の不況も併せ、VoIPの採用の割合が極端にゆっくりとなっています。

利益 - TDMや専用線ベースのソリューションと比較してVoIPベースのサービスの長所は、音声データの圧縮とパケット化で費用効果の高い転送を可能にします。またスイッチのリソースが最適化されたスイッチング構造の中で、効果的なサービスのオーバサブスクリプションを可能にします。しかし音声スイッチングは、既存PBX/スイッチの不適切な環境下では特に重要になってきますが、(単純なスイッチングなしのソリューションより勝るスイッチングの付加価値をもつ)密集トラフィックを処理可能な典型的な基幹アプリケーション下ではそれ程重要ではありません。

価格 - VoIP配置の利益は価格に依存します。これは、新しいVoIPベンダにより提供されるコアとエッジのインフラのアップグレード費または、VoIPへゆっくりとしたマイグレーションパスを促進しているレガシースイッチベンダ既存装置への追加機能費用です。

将来性 - VoIPは続けて成長していくと予想できますが、キャリアの保守や、レガシーでありながら豊富な機能をもつ従来のPBXが企業に沢山残ってることを踏まえて、経済状況の変化、技術課題のクリア、高価な既存機器の処理等が解決するまでは、短期間でVoIPの急成長には、障壁となるでしょう。TDMoIPは、過去の技術が持っているサービス品質・豊富な機能と将来のバックボーンのコスト効果という両価値を持っている事から、より進化的なソリューションの機会を作りだします。

TDMoIP (Time Division Multiplexing over the Internet Protocol)は、RADデータコミュニケーションズ社が開発した転送技術で、T1/E1/T3/T3の音声及びデータサーキットをパケットスイッチネットワークに、簡単、透過、また経済的に拡張する技術です。

TDMoIP vs. VoIP - 資料の中には、TDMoIPとVoIPの比較が述べられてます。TDMoIPマルチプレクシング技術の中で、有効な帯域利用の実現方法(VoIPと比較して最大60%少ない)、標準の、または独自のシグナリングプロトコルをアップグレードなしに透過させる方法について記載されています。

RAD はVoIPとTDMoIPの両製品を製造しています。