In order to bring you the best possible user experience, this site uses Javascript. If you are seeing this message, it is likely that the Javascript option in your browser is disabled. For optimal viewing of this site, please ensure that Javascript is enabled for your browser.
RAD Japan
ホーム RADについて 会社概要
会社概要

会社概要


RADデータコミュニケーションズ社は30年以上もの間、コスト効率の高いアクセス及びバックホール・ソリューションを提供してきたベンダーです。RAD社の最先端技術、高品質基準、環境への取り組みは、顧客、販売チャネル、サプライヤー、従業員との長期的な関係を大切にする企業文化と相まって、あらゆる通信ニーズに対してRADを完璧なパートナーにしています。

バリュー・プロポジション
キャリア、サービス・プロバイダ向け

  • あらゆるアクセス・インフラ上でSLAを保証しながら、パフォーマンスを保証する新しい収益を生み出すサービスを展開すること
  • チューンアップ、プロビジョニングおよびメンテナンスのコストを削減し、複数のネットワークを経由しても、エンド・ツー・エンドでのサービス可視性を確実にすることにより(総所有コスト)を低く抑えること
  • 規模の経済を利用し、集束されたネットワークを介して複数の固定サービスとモバイル・サービスをサポートすること
  • LTE-Advancedサービスの展開を容易にするため、パケット・インフラ上の高精度タイミングを可能にすること
  • 既存顧客及び既存ネットワークを、複雑さを最小限にして新しいパケット交換インフラへのスムーズな移行を容易にすることにより、既存のレガシーの収益源を守ること

公益事業、エネルギー部門、トランスポーテーション・ネットワーク向け

  • 運用サブステーションWAN、マルチサービス・サブステーション接続、テレプロテクション、サブステーション自動化、LVサイト・バックホーリングを含むT&Dネットワークのすべての通信ニーズに対応すること
  • キャリアクラスのユーティリティ・イーサネット、標準スードワイヤおよびタイミング・オーバー・パケット技術を利用してPSN上での確実なネットワーク・パフォーマンスを提供すること
  • アプリケーションアウェア・ファイアウォールを含むセキュリティ機能の強化
  • 鉄道マルチサービス・ステーション接続、シグナリング、高速道路掲示板、料金所通信、ビデオ監視、ビデオ・セキュリティのための移動車両通信、空港通信、国際航空固定通信網(AFTN)トランスポートなどを含むトランスポーテーション・ネットワークの通信ニーズへの対応

RADの広範な自社開発技術


は、以下を含む多面的な分野を含みます。

  • OAMおよびパフォーマンス管理
  • サービス保証
  • パフォーマンス監視
  • トラフィック管理
  • 障害管理
  • レイヤ2スイッチング
  • 同期およびタイミング・オーバー・パケット
  • ネットワーク・マイグレーションおよびスードワイヤ
  • ASICおよびFPGA開発
  • ハードウェアの小型化
  • SFPフォーム・ファクター・ソリューション
  • ビジネスDSL

主要な顧客

RADは、ティア1のモバイル・オペレータから固定回線のインキュベータ、都市キャリア、ISP、遠隔地域サービスの通信会社まで、全世界で150カ国以上のキャリア企業に対する最適なソリューション・プロバイダになっています。顧客には、AT&Tからベルカナダ、Bharti Airtel、ブリティッシュ・テレコム、CenturyLink、China Mobile、China Telecom、ドイツ・テレコム、Embratel、フランス・テレコム/オランジュ、ハチソン、KDDI、KPN, SingTel、ソフトバンク、Sprint、Telefónica、テレコム・オーストリア、TeliaSonera、Telstra,、Telus、T-Mobile、Verizon、Vodafoneまで業界の世界的なリーダー企業が含まれます。それぞれのテレコム・プロバイダとの強力な結びつきのほかに、RAD社は銀行、商業、教育、エネルギー、金融、保険、および製造分野の各企業ネットワーク専門企業との広範な関係を維持しています。

会社概要

  • 1981年に設立された、株式非公開の RADデータ・コミュニケーションズ社は、RADグループ(2011年度の収益は12億ドル)傘下の企業での中核的存在です。
  • RAD社は、6つの大陸に31のオフィスを持ち、165カ国で300の販売チャネルをサポートしています。
  • RAD社の1,000名の従業員のうち約30パーセントが研究開発に従事しています。
  • RAD社は国際電気通信連合(ITU)、メトロ・イーサネット・フォーラム(MEF)、ブロードバンド・フォーラム、インターネット・エンジニアリング・タスク・フォース(IEFT)、およびCELTICなどの業界団体で卓越したリーダーシップを発揮してきた実績を誇っています。EUREKAクラスタは、エンド・ツー・エンド電気通信ソリューション専用の欧州で唯一の研究開発プログラムです。

先駆者としての実績

  • RAD社は、複数のユーザーがインターネット・アクセスに共通IPアドレスを共有できるシングルIPの発案者でした。
  • 15年近く前に市場に導入したRAD社の先駆的なTDMoIP®技術は、現在の広く展開されているスードワイヤ・ソリューションの先駆けでした。
  • RAD社は、 Sync-Eを利用したイーサネット・デマケーション装置を大規模に展開し、既存キャリアのLabでIEEE 1588v2 (2005)を実証した業界で最初のベンダです。
  • RAD社は、インターフェース・コンバータおよびスードワイヤ・ゲートウェイを小型化してSFPに採用した最初のベンダです。
  • RAD社は、キャリア・イーサネット・デマケーションとパフォーマンス・モニタリング機能の付いたスマートエンクロージャに内蔵された市場初のネットワーク・インターフェース・デバイスを導入しました。

Executive Management
RAD Industry Awards
RAD Group


   
 

ラド・ジャパン株式会社
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-7-16
エグゼクティブタワー虎ノ門
Tel. 03-5251-3651 
Fax. 03-5251-3652
Email: japan-rad@raddata.co.jp